2016年02月15日

遺伝子のスイッチ、直接入れることに成功

京都大のグループは人工の化合物を使い、遺伝子DNAのスイッチを直接入れることに成功した. iPS細胞(人工多能性幹細胞)に類似した細胞をつくることもできた. ウイルスなどを使わず、人工の化合物だけでDNAの働きを促したのは初という. 英科学誌サイエンティフィックリポーツで24日発表した. 約2万個の遺伝情報が書き込まれているDNAはトイレットペーパーの芯のような形のたんぱく質に固く巻き付けられていて、その内容が読めないようになっている. エアジョーダン 特定の場所だけがゆるむことによって、必要な遺伝子だけスイッチが入る. 本日20: 30対オランダ戦キックオフ!|betsuputsiのブログ DNAをゆるませる化学物質が見つかっているが、手当たり次第にゆるめてしまうため、遺伝子がでたらめに働き、細胞が死んでしまう.
posted by HaraMiki at 01:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。